×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

石本二塁手ま~ちゃんのもんまり時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.セプテントリオン
2.池田聡
3.バンボ
4.Ever17
5.揺れる想い
6.ミュリエルの結婚
7.オニヤンマ
8.山本英美
9.ポップオペラ
10.2チャンネル掲示板

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ [Blu-ray] 前半ははっきり言って退屈である。どんどん寂れていく動物園を、史実をもとに(それぞれの事件の時間的順序は史実とは入れ替えてあるが)淡々と描いているからだ。そんな中での見所は、妊娠中毒で厳しいカロリー制限に苦しむチンパンジーに隣の檻のオスが手をさし延べるシーン。これはスタッフが芸を仕込んだのでもなければ、着ぐるみの中に人間が入っているわけでもない。ここが泣き所だ。
後半は「もっと詳しく!」だ。新市長のもとで旭山名物「行動展示」が具現化していくありさまは短く流されてしまうが、ここはもっと「試行錯誤→成果→喜び」という流れを克明に描いてほしかった。原作本を読むことを強くお勧めする。
ラストシーンの演出には不覚にも泣いてしまったが、まあこの程度の嘘は許そう。

黄門★じごく変 (MF文庫) 主人公の高校生コンビ、介さん(天王)と覚さん(竜王)は
ひょんなことから高校教師の水戸先生を連れて
現世と地獄が一体化した不思議な世界を旅することになる。
この世を我が物にしようとする閻魔大王を倒すために。

この物語の面白さは、登場するキャラクターの魅力と
スピード感のある展開(月刊連載でありストーリーは濃縮気味)と
絶妙で頭のよさを感じさせるギャグであろう。
10代でこんな漫画作品を描いてしまった中津氏、恐るべし!!

特筆すべきは、憂いをおびたキャリアウーマンのような阿修羅王の魅力。
他作者の他作品に登場する阿修羅王に勝るとも劣らない美女ぶり(性別はないそうですが)。

語られていないエピソードや天竜八部衆のうち未出のキャラなど
『なぜそうなったの?』『それはどうなの?』『この先どうなるの?』
がページからあふれてきて、読み終わった後もドキドキが止まりません。

是非是非、アニメ化による補完を!!

チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫) 著者のゲバラへの思い入れたっぷりのノンフィクションノベル。
村上春樹が小説家フィッツジェラルドによせたファン魂全開の著書、ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブックを彷彿させる。この強い思い入れこそが、この本をただの伝記に留まらせず、少々センチメンタル過ぎる度合いもあるが、魅力的な作品にしていると思う。

ゲバラ在りし青春の日々、ともにバイクで旅したアルベルトは言う。
ゲバラもカストロも、彼らを英雄視すべきではない。
彼らは確かにすごい人物で、今後二度とこのような偉業を
成し遂げる人物は現れないかもしれない、だが、だた一人の人間である。

この言葉を受けて、著者は、懸命に客観的な目線で描こうとしている。
でも、無理!隠し切れない愛が伝わってくるからな〜。
スタッフは車なのに、一人バイクでボリビアを旅しちゃってくらいだから、
キューバにカストロに会いに、何度も出かけちゃってるくらいだから。
そして各言う私も、すっかり彼らの魅力にはまっちゃってる一人になってしまったから。

さて、反対に政治的側面は実にサラリと淡白に描いている。
それでも、アメリカ帝国主義の矛盾は十分に伝わってくるのだから、アメリカのやり方というのは酷い。他国への政治、経済介入は世界の警察どころか、世界の大泥棒じゃね〜の?しかも自国の利益を損なうとなれば、結局最後は武力で制圧。
なんだかね、21世紀になってもその図式は変わっていないように思う。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!