×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アジアの妖精ぎんちゃんの栄光の動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ドルアーガの塔 the Aegis of URUK
2.木村多江
3.千原ジュニア
4.アプリナビ
5.File
6.教えてgoo
7.トロピコ
8.魔法のiらんど
9.戦場にかける橋
10.ヤフオク

とっとこハム太郎3 ラブラブ大冒険でちゅ かなりの良作です!!!
子供はもちろん楽しめます。
ですが、正直大人の方が楽しめるかも?
ところどころシュールです。
ハム太郎の腹黒さに唖然とします(笑)
シュールな笑いが好きな方にはオススメです。

メイキング・オブ・ドリームハイ Ⅰ~ペ・ヨンジュン×K-POPアイドルが夢の共演!その素顔に迫る!!~ [DVD] 充実した内容のDVDでした♪
メイキングDVDを見て本編を見ると更に楽しめますね♪
出演者のドラマでは見られない姿も沢山見られて大大大満足!!
ポスター撮り風景が見れたのはとても嬉しかった♪
ドリハイファンなら買って損はないですよ!
1つ言うなら
パッケージの中が簡易過ぎて残念だったかな・・・。


ブルーベルベット(オリジナル無修正版) [Blu-ray] 映画マニアのレビュー常連諸氏も。
 小子は昔、渋谷スペイン坂の上にあったロードショー館(今はもうないと思う)で本作を初公開時に見た。もちろんデビッド・リンチ監督の映画は本邦初登場作となった『エレファント・マン』もちゃんと東京・日比谷の有楽座でのロードショー公開で見ているし(米国アカデミー賞で主要部門を制覇した映画だったので当然だが)、日本ではその後に公開された長編第一作の『イレイザー・ヘッド』もその公開年に名画座でちゃんと見ている。
 それから月日が経つこと数年、本国でも日本でも毀誉褒貶が激しかったためか、とっくに記憶の中から消えかけていたリンチの名前を久しぶりに発見して、これは絶対ロードショーで見なければならないとある種、使命感のようなものを帯びて劇場に臨んだのだが、その判断は全く間違っていなかった――というのが本作の第一印象だ。
 まず全然予備知識がなかった、というのが良かったのだろう。この映画が狙っているところが最初は何が何だか全くつかめず、ただただその人を食った展開にどんどん引き込まれる。だから未見の方々のために本レビューでは極力、話の内容に触れることは避ける。
 一言で言って、本作はハリウッド王道の「ジャンル」という枠組みを完全に逸脱し切った、ほとんど最初の本格娯楽映画だ。要素としては、ハードボイルド(探偵映画)やフィルム・ノアール(ギャング映画)をなぞらえる部分が多い(おばさんたちがTVでそういう映画を見ている場面があって、ちゃんとリンチはそういうことを観客にはわかるような仕掛けはしている)が、古典的な定石はどんどん外しまくる。だが決してリンチは観客をただただ混乱に陥れる、というようなことはしない。それを支えるのがリンチの愛情に満ちた人間観だ。ここはやはり『エレファント・マン』を若くして作っただけのことはあると思う。
 LD(松竹富士の国内盤LDは肝腎の暗部階調が失せた性悪画質だったが)、DVD(ニューマスター盤でようやく満足する画質となった)とメディアを変え、2度、3度見る回数を重ねてくると、本作の持つそこはかとないユーモアと、その一見したところではグロテスクに映る外観とは違って、愛に満ちた物語と絵作りに、ほれぼれとする瞬間に何度も出くわすことができるようになる。例えば、ラストの子供を捕らえたショット一つとっても、そこでの人工鳥のさえずりさえもが美しく捕らえられる。
 決定的な場面に出くわしたローラ・ダーンの口もとが歪むシーンの絶対的な可笑しさなどは、この女優はこの口もとの演技のためだけに採用されたのではないかとさえ思う。
 そういう繰り返し見ても楽しい場面を満載した本作なので高画質なブルーレイはうってつけだろう。
 小子は日本語字幕入りのドイツ盤をすでに購入済み(リージョナルコードはABCの表示あり)。 

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!