i-mobile
大森画伯はんくんの栄光の動画評論

  • アイスマン VS 空条承太郎
  • 市川たかし 「傘ん中」
  • 上木彩矢/ Revolver
  • ポケモンHG・SS ギザみみピチューイベント
  • DesUltimate - 527 DEATH combo
  • love is only a feeling - the darkness (lyrics)
  • ギリシア・エーゲ海クルーズ サントリーニ島
  • フロレスタ高円寺店
  • 許されざる者〜暴力団追放啓発ビデオ Part1
  • ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.待ち受け
    2.ミレニアム・ファルコン
    3.アプリナビ
    4.らいむいろ戦奇譚
    5.戦場の狼
    6.横山泰三
    7.東海林さだお
    8.ジキルとハイド
    9.Parliament
    10.クラッシュギア

    i-mobile
    AYA KAMIKI FIRST LIVE [DVD] 上木自身は安定で良いパフォーマンス。
    歌の上手さをCD通りに見せてくれます。
    ただ、それを取り巻く人達が微妙だった。
    楽器隊は優秀なんだけれど彼女の声を前面に出すMixにより音圧が小さすぎてカラオケ状態。
    観客は男が圧倒数でアイドルのコンサートの様。
    彼女自身がROCKでも周りがコレでは非常に中途半端で惜しい印象を受けました。

    エーゲ海の真珠~ポール・モーリア・ベスト・セレクション 70年代・・・ポール・モーリアは、一世を風靡しましたね。積極的に日本人の曲もアレンジされていましたね。でも、70年代と言えば、やはり!オリーヴの首飾り♪ですね。いろんなシーンにFITする70年代を代表する曲ですしたね。
    九龍城探訪 魔窟で暮らす人々 -City of Darkness- 九龍城砦に惹かれる人は多いだろう。そしてその魅力は、九龍城の持つ謎めいた雰囲気によるところも大きいと思う。しかしこの本は、伝説の魔窟の内部で営まれていた「普通の市民生活」の詳細な写真とレポートだ。写真作品としてなら、本書ではなく宮本隆司氏の「建築の黙示録」「九龍城砦」などを薦める。

    本書のように、九龍城内部で営まれていたリアルな生活を描くことは、ともすれば謎めいた幻想を壊して魅力を半減してしまう可能性もあったと思う。しかしこの本を見て感じたのは、リアルな生活に光を当ててしまってもなお色褪せない、九龍城砦という空間のもつ魅力だった。

    映像的・建築的好奇心から九龍城に興味を持った人(私自身そうだが)も、この本を手にして幻想の隙間を埋めてしまったとしても、決して興醒めになることはないだろう。九龍城に興味がある人に広く薦められると思う。

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!