×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逆襲の妖精もんくんのおもしろ動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.バグズ・ライフ
2.Simulator 京成
3.きらきら星
4.W ウィッシュ
5.白凪マサ
6.板野友美
7.藤岡、の水
8.原田芳雄
9.ビル・ヘイリー
10.スター・ウォーズ エピソード1

かにむかし―日本むかしばなし (大型絵本 (27)) 最初、3歳の我が子が図書館で借りたいと言い出しました。
そんなに子供が好きそうな絵や話に見えなかったので、ダメモトで借りて帰宅。
最初に読まされた時は、舌を噛みながらで、正直、苦闘しました。

1つの文が長いのです。
イマドキの短い簡潔な文からは、はるかに遠く、何だかゴツゴツしてます。
しかも、九州地方の方言らしきも混じっていて、読んでるこっちのイントネーションが
怪しくなる…。
(福岡出身の夫によると、どこだかわからないそうです)
ところがどっこい、そのヘタクソな読み聞かせに、3歳児は真剣に聞き入っています。
「ぱんぱんぐり」とか「はぜぼう」とか、大人が聞いても???な名称が登場するのに、
すっかり絵本の“世界”に入り込んでいます。

最初はすごいストレスでしたが、慣れるとリズムがわかって来て、楽しくなりました。
何度も何度も読まされるうちに、共通語にない面白さや暖かさに魅せられました。
さすが半世紀たっても愛されている絵本の実力です。

子供の国語力を伸ばすには、いろんな言葉に触れさせるといいと聞いたことがあります。
大人だって、自分がわかる範疇のコトバにしか触れないと、言語能力は発達しません。
「ナニ言ってるの??」と脳が汗をかく時こそ、向上のチャンスです。

脱線しましたが、イマドキの、見た目わかりやすい絵本は子供をダメにするのかも・・・・・
なんて思ってしまうくらい、大きな意味を持つ絵本との出会いでした(我が子に感謝)。
子供が何度も借りたがるので、購入決定です。

「できる人」の極意! 著者は多数のハウトゥ本を書いているが、この本はその種の本とは一線を画する。ビジネス上の技術や、勉強方法、呼吸法等も載っているが、なにより単純な読み物としておもしろかった。多数掲載されている対談が出色である。斎藤先生がなぜ、あまたの本を執筆するに至ったか、そこに至る苦労話も興味深い。斎藤先生おすすめの本も多数掲載されていて興味深かった。国語の先生や、小さい子供を持つ親御さんにも是非読んで欲しいと思う。
1/700 ウォーターラインシリーズ No.344 日本海軍 軽巡洋艦 熊野 31344  縁あって駆逐艦戦艦に乗っていたおじいちゃんと知り合って、40年ぶりにウォーターラインシリーズに取り組み始めています。熊野は、15.5センチ三連装主砲を5基装備した最上型巡洋艦の4番艦です。艦橋も小さく、全体のシルエットがかっこいいと思って、満を持してタミヤ製の新金型キットを作ってみました。
 結果、作りやすくて、楽しくてしょうがない造船とまりました。さすが、タミヤ製品です。舷窓を開けたり、マストの一部を真鍮線に作り変えたりした程度で、エッチングパーツなどはまったく使わず、ほとんど素組みで作りましたが、私は大満足です。作る上で注意が必要と思われることは次のようなものです。(レベルの高い造船技術者は、すっ飛ばして読んで下さいね。あくまで、私のような素人モデラー用です。)
 (1)左右に分割された側面(部品番号C1,C2)を貼り合わせる角度が決まりにくいです。船底を先に貼りますが、そのとき甲板も挟んだりして、角度を固定しましょう(2)喫水板(船底)の先端が細くてとても破損しやすいです。貼り付けた後、引っかけて壊れないようにマスキングテープを貼って、守りましょう(3)甲板(部品番号K27)は貼るときに前後に隙間が出来やすいです。輪ゴムや小型の万力などでしっかりと押さえて貼り付けましょう(4)マスト類は、すばらしく繊細に出来ているので、そのままでもいいかもしれません。真鍮線に置き換えるのであれば、一部分だけにした方が無難かもしれません(5)艦載機、とくに九五水上偵察機の左右のフロートがあまりにも小さくて、翼に正しく付けるのが難しいです。ピンセットから飛んでいってしまいがちなので、箱の中で工作しましょう。機体にデカールをうまく貼るのも私には難しかったです。
 思いつくままに書いてみましたが、実は制作上の大きな障害はありません。ある程度の模型少年なら、まず何の問題もなく、素組みで素晴らしいシルエットの熊野ができると思います。技量のある方は、きっと細かく作り込むのでしょうね。インターネットや雑誌上の凄い作例には、いつも感心します。でも、それぞれの技術で楽しむことが大切だと自分では出来上がりに納得しています。
 ちなみに、この模型を作るために、「巡洋艦入門」(光人社NF文庫)、「日本海軍艦艇写真集 重巡 最上、三隈、鈴谷、熊野、利根、筑摩」(光人社)、「図解 日本の重巡」(光人社)なども買って読んだり、眺めたり。そんな時間も楽しいですね。
 ともかく、艦船模型制作の楽しさを少しでも感じてもらいたくて素人の私はレビューを書いています。模型作りから遠ざかっている方、一度、新金型のウォーターライン製品を作ってみてくださいね。私のように、やみつきになるかも!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!