疾風のグレムリンて~ちゃんのきっちり動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.EA
2.ニコ・ロビン
3.君がいるだけで
4.無料着メロ
5.リンゴ・スター
6.強羅
7.ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
8.サスケ
9.ちっちゃいエイリアン
10.明日もまた生きていこう

HONOR~守り続けた痛みと共に [DVD] 長いこと「大泉洋が入り口でした」というファンが多かったTEAM NACS。
そこからハンサム(笑)や笑いへ引き込んでリピーターを着実に増やしてきた。
特にここ数年の彼らの伸びは、全国に露出し始めたことで得た経験も確かに大きいが、
彼ら自身が“いよいよ引き返せない、小さくまとまってはいられない”と自覚したことによる気がする。

その顕著な例が安田顕。
以前から目を引く存在ではあったが、顔立ちのスマートさやそれに似合わない特異なキャラや
勢いというものを借りずとも、主人公として安心して感情移入できる役者になったように思う。
演技の上でいちばん成長したのはこの人なのかもしれない、近ごろ益々イイ顔をしている。
そして森崎博之。
脚本が作品ごとにシンプルになってきている。 素直な性格が見えるというような。
動員数が増え、純粋に“ナックス好き”だけが観に来るわけではなくなったTEAM NACSの芝居。
その方向性を、手探りながら驕ること焦ることを押さえ、等身大に素直に書いたリーダーに成長を見た。
大泉洋が“客寄せパンダ”だった10年前から、忙しすぎて主役は張れないであろう現在まで、
その時々の「洋ちゃんを観にきました」という芝居ビギナーに、飽きさせず疲れさせない演劇を提供し、
お芝居って面白い! と言わせてきたリーダー。
5人のキャスティングの妙に、この人でしか作りえないTEAM NACSオリジナルが現れている。
どれだけ大泉クンが売れていても、今見せるべきはヤスケン! というリーダーとしてのプロデュースも当たっている気がする。

これだけ多忙になってきた中で、あえて太鼓の見せ場に挑戦したことも、素直に褒めてあげたいと思う。
意地悪でカラい目で見ることはいくらでもできるけれど… 世知辛い世の中、
ここまで真面目に正直に取り組む若者も少ないので、観る方も薀蓄や先入観を忘れて、
素直に北海道の温かさを感じてみてはいかがだろう。

THE STORY of BALLAD II 91年以降のバラードベスト第2弾です。CHAGE曲、ASKA曲がバランスよく入っており、じっくり聴けます。「クルミを割れた日」はSTAMPバージョンです。
内村プロデュース~俺チョイス 出川哲朗【完全生産限定盤】 [DVD] 出川・ふかわ編は限定なんですか・・・面白いのに。出川編は、本人は無意識な行動なんでしょうが、見てる方からすると天才としか言いようがないですね。飲食しながら見るのは、やめましょう(笑)
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!