×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

100万回生きたピクシーきんちゃんのこってり雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.西島秀俊
2.My Merry Maybe
3.ヴェッセリーナ・カサロヴァ
4.宮尾登美子
5.@cosme
6.AKBがいっぱい
7.ロイヤルホスト
8.campari
9.キックボクシング
10.田村直美

ポリスノーツ このゲームやったことのない人はクソゲーと勘違いするのではないでしょうか?それほどどこでも安く売られています。しかし、内容はたいへんすばらしくアドベンチャーゲームとしての出来は最高峰に位置していると私は思います。
 舞台は近未来で主人公はアメリカ人ですが日本的な要素も含まれており、すごく違和感なくゲームに溶け込めます。シナリオは後半になればなるほど盛り上がりますし、またBGM効果音がすばらしい。爆弾解体が少し手間取りますが何回かやっているとコツがわかってきて程よい緊張感の中でプレイできます。
 前作スナッチャーも良作でしたがポリスノーツはもっとすばらしい。やった事のない人はぜひ2つともやってみてください。ゲーム中に2つの作品の繋がりをにおわせるカ所があり少し笑えます。
 私は3回クリアーしました。別に回数を重ねると隠しモードがあるわけではないですが、それでも何回もやりたくなる。それほど面白いということです。1回クリアーするのに約12時間くらいでしょうか?程よい長さです。
 星5点満点です。アドベンチャー好きの人にはぜひプレイしていただきたい。この金額でここまで楽しめるゲームも少ないのでは?そして、この作品のよさを解かってくれる人が1人でも増えることを願ってこのレビューとします。

バーチャル・プラネタリウム 自宅で愉しむ「全天88星座」の世界 [DVD] 夜空を眺めるのは、いいのですが、意外と寒いものです、暖かいところで星の名前や星座を覚えながら、空を見るのが一番ですね。
からくり砂絵 あやかし砂絵 (光文社時代小説文庫) 古典落語に材を採った「花見の仇討」「粗忽長屋」
佐々木味津三の[右門捕物帖]の奇抜な発端部分(しかし本家では腰砕けに終わった)だけを借りて独自の合理的な解決を施した「水幽霊」「首つり五人男」
まさにスタイリッシュさが身上だった都筑氏らしい傑作揃い。
中でも本書のハイライトは強烈なホワイダニットの興味で引っ張る「小梅富士」と「人食い屏風」。異常極まりない状況が論理的に解かれる様は華麗としか表現できない快感。
都筑氏らしいこだわりは、会話を江戸言葉で(巻末の著者自身の解説によれば、注釈が必要にならないよう、江戸に出来るだけ近い明治初期の話し言葉を使ったらしい)地の文を現代語で平明に描く点や、当時の風俗の徹底した時代考証にも表れている。
第一集に続いて迷わず買いの素晴らしい復刊。まったく本書のコストパフォーマンスは驚くほど安い。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!