注目のリュミエールひ~くんの衝撃携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.木根尚登
2.時刻表
3.ファウンテン
4.江戸扇子
5.無料着メロ
6.マイク・ケリー
7.郵便年賀.jp
8.教えてgoo
9.Rockstar
10.さよなら

COLORLESS 1999年12月デビューの女性アーティスト

いかにもavexという王道サウンド
浜崎あゆみと全盛期のglobeを混ぜたような曲調

彼女は作詞も手掛けており、大ブレイクした浜崎あゆみの次を狙っている印象を受けました
いまいちブレイクしませんでしたけど、このアルバムはオリコン1位になってます

このアルバムは売れ線楽曲でどれも聴きやすいです
シングルにボリュームがあっただけにアルバムは小さく纏まり過ぎている感があるかと

feelやfriendsは有線でもテレビでもガンガン流れ、曲の知名度は高かったですが、大量にデビューした女性歌手の中に埋もれてしまいましたね

同じ時期のブレイク組だと椎名林檎や鬼束ちひろ、aiko、倉木麻衣などがいます
shelaは狙いすぎて無個性になってしまったんでしょう…

経済大国なのになぜ貧しいのか? 経済学の基本となる古典経済学が現在経済には役に立たない。
サブプライム問題が起こった時にも、仕掛け人は大儲けしていた。
赤字赤字と騒がれている日本国の予算は、実は30%程しか国会審議されていない。

・・・等、昨今話題となっている経済問題について、大変興味深い情報が論述されています。

また、P226の「世界の経済カースト」は、
抽象度の高い視点から世界を見つめた苫米地氏ならではの価値のある情報だと思います。

ただ、経済学を学んだことのない方には難解な部分もあるかもしれませんので、
同著者の
「洗脳支配」
「年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方」
「君は1万円札を破れるか?」
も合わせて読まれると、苫米地氏の発信情報がより理解できると思われます。

素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~  毎日数十ページをたどると頭の芯が疲れます。でもやめられなくなってしまいました。そしてやっと最後まで来ました。素数定理、リーマンのゼータ関数予想、ヒルベルトの問題提起・・・と話は迷宮をたどります。18章の数論と量子力学の関係の示唆で話は一気にふくらみを増し、最終章で謎と謎が枝を伸ばしてネットワークを形成します。しまし、まだ解決はしません。「21世紀に続く」とエンディングテーマが流れていきます。
 様々な理論や研究の間のつながりに気づくにはそれ相応の勉強が必要でしょう。それを超えると面白くなって知恵の拡大再生産が始まるのでしょうが、普通はなかなかそこまでたどり着けないものです。私にとっては、物理学や生物学では、もう少し頑張れば峠が見える予感がありますが、数学についてはかなり昔にあきらめてしまいました。数論、解析学、幾何学・・・のつながりが見えず、さらに「何の役に立つのか」想像もできなかったからでしょう。
 本書では、素数定理とリーマン予想の関係を軸に、様々な理論や研究を結びつけ、数学の巨人たちの葛藤と協働をからめたストーリーを仕立てています。数式を最小限におさえ、わかりやすく編集を重ねたにも関わらず、気軽に読めるようなものではありません。しかし、生の素材から本書が提示してくれた文脈を自分で再構成することに比べれば、何桁も労力は圧縮されています。本書に出会わなければ、素数に隠されたさまざまな意味や、数学と物理学との間の関係など全く知らずに人生を終えてしまっていたでしょう。”感謝”です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!