ぽっこりビクトリーえいちゃんのサクサク動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.アリ
2.GREE
3.木村千歌
4.アマロ神父の罪
5.バトルネットワーク ロックマンエグゼ3
6.金庫
7.HOT SONIC
8.遊星仮面
9.不具合
10.geForce

夢鬼歌(DVD付) 今のDEADENDを最も象徴した曲。若手のフォロアーには決して真似できない歌詞

と音作り。オリジナリティとはまさにDEADENDにこそ相応しい。どっぷり世界観

に浸れる。素晴らしい。

普及版 モリー先生との火曜日 大学卒業後、有名なスポーツ記者となっていた作者Mitch Albom。忙しさに追われていたある日、TVインタビューで大学の恩師モリー教授が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていることを知り、16年ぶりに再会。残された日々の中、火曜日ごとに教授を訪問、そのベッドサイドで最後の授業が始まる。人生、愛、家族、子供、お金、老い、許し、そして死について。

人の助けを借りなければ、おトイレにもいけない、枕も直せない難病に犯され、死が忍びよる状態にありながら、モリー教授は己の最後の時間を使って、「死」という誰にでも訪れる
永遠のテーマを、作者との共同研究として、真正面からとらえようとした。
たんたんと、、、そして、心静かに、、、、

モリー教授がお亡くなりになってから、教授とすごした最後の授業の数々を回顧するという形でつづられている、この本は、人生で一番大切なものは何かということを思い出させてくれる素晴らしいエッセイでもあり、教授の最後の授業は、はっとするような示唆ににあふれています。私は、読みながら心が洗われるような、気持ちがしました。

Mitch Albomは教授の治療費を捻出するためにこの本の執筆を発案し、いわば、教授との共同作業だったと述べています。初版のハードカバーがそこそこ売れ、教授の治療費さえカバーできればいいぐらいにしか思っていなかったのが、予想に反して、大ベストセラーに。

いい本です。あらゆる世代の人の心に届く本だと思います。

私は、原書(オーディオブック)から入りましたが、非常にわかりやすい英語で書かれており、洋書入門編としては最適という気がします。オーディオブックは作者自身がナレーションを担当しており、モリー教授の肉声も入っているというおまけもついています。

武士道ブレード [VHS] 幕末の日本、日米条約を締結するために来港していた米軍艦隊の提督に送る「宝刀」を何者かに盗まれる。その「宝刀」を巡っての物語が展開する。
言わば「ラストサムライ」の元祖映画のひとつかもしれない。
今は実現不可能な豪華キャスト!三船、千葉、丹波の共演だけでも見物かも(笑)

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!