双頭の救世主ベンくんのフランキー動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.裁判
2.インフィクス
3.パパってなに
4.私がいてもいなくても
5.Dunhill
6.三田誠広
7.BROTHERHOOD
8.藤本教子
9.篠原光
10.東京ワンダーホテル

TOUR 00>>01 MACABRE [DVD] Dirファンなら誰もが楽しめる内容になっていると思います。
メンバーの素顔やツアーの裏側を重視しているので、見ているうちに自然とメンバーへ親近感を持ってしまいます。また、陰で活躍しているスタッフの皆さんにスポットをあてているのも面白いです。

見どころは、長いツアーの中での京君の変化です。突発性難聴という思いがけないトラブルから成長まで、このDVDは忠実に映し出しています。
ファイナルの武道館ライブで見せたメンバーの笑顔は最高です。思わず「お疲れさま」と言ってあげたくなるような印象的な姿でした。
音楽以外のDir知りたい人は是非見てみてください。


聴覚障害教育これまでとこれから―コミュニケーション論争・9歳の壁・障害認識を中心に わたしは難聴児(補聴器を装用すれば聴覚活用で一対一の会話が可能)を育てている聞こえる母親です。
聾学校の先輩お母さんから「とてもいい本!著者の脇中先生をPTAの勉強会に招いては?」とすすめられました。
たしかにいい本です。文章がていねいで読みやすいし、ご自身の聾児(補聴器を装用しても聴覚活用が困難、読唇により会話する)
としての家庭や学校でのこれまでの経験、そして聾学校教員としての学校やご自分の子育てでの経験をふりかえって分析し、
聴覚障害児教育のためにきめこまかに、マンガなどをもちいてわかりやすく説いておられます。
うちの難聴児は中学三年生。先輩お母さんちの聾児は高校一年生。
ですので、「第11章 障害認識のためのいろいろな取り組み」
のなかの「4節『マンガ(学校場面)』を通して問題解決能力を高める取り組み」がとても参考になりました。
(普通高校に通う聴覚障害児が直面するであろう問題について。5節は(会社場面)です。)
さて、肝心の「(日本)手話ー(対応)手話」論争について。
「かつての口話法の犯してきた誤り(口話法を絶対視し、すべての子供にあてはめようとした)の裏返しになるようなことを、現在の手話法は繰り返すべきではありません。」
(本書 あとがき 293pより)この言葉は、まったく同感ですので、☆五つにしました。次の著作を期待しています。
たとえば、ふつうの子供は就学前に多くて数千語の言葉を理解します。
就学前の聴覚障害児に同じように数千語の言葉を理解し使えるようにするにはどうすればよいのでしょう?
そういった肝心なことの研究や実践がなされていないと感じております。



GAME SOUND LEGEND シリーズ ファミコン・ミュージック Vol.2  ディスクシステムの名作を彩った珠玉のBGM集。PSG+FM音源が奏でる温かみのある音に、思わずぐっときました。「メトロイド」のアンビエント風のOP曲は今聴いてもカッコいいし、「夢工場」のアレンジヴァージョンも秀逸。個人的に思い入れのある「新鬼ヶ島」のBGMは、何度聴いてもホロリとさせられます。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!