アルプスのパリジェンヌブンちゃんの栄光の動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.直腸がん
2.銅像
3.リートフェルト
4.スティーヴ・ヤング
5.ボックス
6.Pink
7.河原和音
8.ロボコップ
9.沖縄旅行
10.忍者くん

蒼穹のファフナー ADOLESCENCE (ハヤカワ文庫JA)
はじめに。

カナシイ、哀しすぎる・・・

アニメを観てこれを読みました。

アニメもそうですが、本当に哀し過ぎる物語です。

まず映像から入ったからわかりやすかったのかもしれないけど、この小説版の描写は素晴らしいと思う。

きっと、アニメを観ていない人にとっても読み物としていい作品だと思う。

小説版のラストはさらに救われないかんじですが。

でも、途中でつい”ぷっ”となってしまうところもあって、これを読んで翔子がかなり好きになってしまいました。

ミュータントの決断 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-484 宇宙英雄ローダン・シリーズ 484)
何者かが仕掛けた罠に落ち物質の窪地に囚われの身となった超越知性体‘それ’を救うべく全力を傾注するローダン一行の活躍を描く大長編SFスペース・オペラ宇宙英雄ローダン・シリーズ第484巻。本巻の執筆者はベテランの風格重鎮ダールトンです。本巻は長年のファンにとっては本当にショッキングな節目のエピソードになりましたね。まさにダールトンにしか書き得ない思い切った大胆な一手で、去り行く常連さん達に寂しい想いが込み上げて来ますが、これもシリーズの活性化を図る為にぬるま湯的な展開を避ける意味があるのだろうと理解してこれからもシリーズの行方をひたすら見守って行きたいと思いますね。
『物質の窪地』クラーク・ダールトン著:強者ケモアウクはローダンの帰還と引き換えに《バジス》の指揮権をよこせとアトランに迫る。一方、物質の窪地に置き去りにされたローダンは二重コンセプトのエラート=アシュドンと再会し遂に‘それ’との接触を果たすのだが・・・・。本編では‘それ’が構築する多数の世界フラグメントやプロジェクション‘銀狐’や‘それ’が語る抽象的で曖昧模糊とした数々の言動の意味合いは凡人の私にはとても理解出来ないですが、まあそれ程深く考えて悩む必要はないのでしょうね。前回ピンチだったエラート=アシュドンが生き別れにならずに一緒のままだったのは良かったと思いますし、強者ケモアウクが悪でなく意外にも善人だった事にホッと一安心しましたね。『ミュータントの決断』クラーク・ダールトン著: ローダンは‘それ’自身の助言により彼を迎えに来た強者ケモアウクとエラート=アシュドンと共に一旦《バジス》に帰還し、ラスとグッキーによる‘それ’救出作戦に賭けるのだが・・・・。本編では死ではないのですが未知の冒険から解放されて安らかな環境に身を置いて暮らす者たちの幸福感について深く考えさせられましたね。もうPEW金属という概念その物が消えそうですし変な名前の日本人タコ・カクタともお別れで、タッチャーがロルヴィクをポットで殴って眠りから起こすギャグも読めないのかと思うと悲しすぎますね。これは増えすぎたキャラの整理作業で肝心の重要なグッキーやアラスカを残して少数精鋭で行く方針の流れなのかも知れませんが、意表を突いてまた不意に出て来て驚かせて欲しいと願いますね。そしてSFの命はやはり簡単に先の予想を許さない永遠の不可思議な神秘性にあると言えるでしょうが、ローダン物語はその意味では今尚その期待に十分応えてくれていると思いますね。
本巻の翻訳者、青山茜氏のあとがきはヴェルヌの作品とホームズの魅力とペンネームの由来を披露され最後の訳稿に当たってのご挨拶を述べられています。次巻はローダンのキャラクターが全く出て来ない深淵の騎士の起源の物語になる模様で、またもや読者の忍耐が試される事となりますが、ここまで来たらとにかく一蓮托生でシリーズを信じてどこまでも可能な限り読み続けるしかないという意気込みで気合を入れて臨みたいと思いますね。

元祖しじみスープ「しじみ養生記」40g[10袋(1ケース)]
肝臓に良いと主人が毎日のように飲んでいます。
この袋はお得だし、「N園のしじみ何十個分」よりずーーーっといいと思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!