×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

主席獣神ベンくんのおすすめ動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.アルカナハート
2.蟲師
3.久里洋二
4.ジェニファー・ロペス
5.一条ゆかり
6.尾関祐司
7.さとうきび畑の唄
8.佐山愛
9.ジャンプスーパースターズ
10.ファンタズム

はつカノ (MUJIN COMICS)  作者の絵柄の変化を見ることができる一冊ですね。進化の過程が手に取るように分かります。特に女の子の表情のつけ方に注目すると分かると思います。それと、ギャグっぽいところがはいっていたりしますので、少し萎えてしまう傾向もなきにしにあらずといったところでしょうか。もうすこしエロい顔に進化してくれるとさらありがたいと思う萌山です。
“It”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス) この幼年期では要するに虐待の記録。
何部作かになっていて、単に虐待されていた事だけでなく、立ち直るまでを書いています。

私も大学卒業するまで虐待を受けていました。
だから著者が完全に良くなったわけではないんだろうと推測します。
おそらくは今でも辛くなる時があるはずです。
そして前向きな姿勢を保とうとしているのも分かります。

日本でもやっと虐待が認知されてきました。
しかし、まだまだ議論の余地はあるようです。
当たり前ですが、最近になって虐待が増えたわけでも何でも無く、認知数が増えただけの話です。
以前は誰もが(そう、あなた自身が)無関心であったわけです。

そして虐待はあなたも他人事ではないです。

虐待する可能性はすべての人間に含まれています。
条件さえ整えば大抵の人間は子どもを簡単に殴ってしまうようになります。
これを読んで、恐い人もいるな~と思っっている人も例外ではありません。
虐待する者でさえ、TVで虐待のニュースが流れると人事のように「恐い」と言います。
虐待する者もしない者と同じようにそこら辺の倫理観は備わっている場合が多いのです。

だから、そういう「自分もやるかもしれない」とか「助けられないかもしれない」とかいう可能性を自覚しながら生きることが大切だと思います。
意識するようにすれば随分違ってきます。
普通、他人が子どもを殴っているのを見たら親に対して怒りますが、自分のことを指摘されると「違う」と否定するのではないでしょうか?

単にかわいそうと思うだけでは子どもは救われません。
平和に生きてきた人に「かわいそう」と言われると虐待された者は怒ります。
何もできないくせに、と。じゃあ救ってくれと思います。

でも虐待児はみなさん日々努力して抜け出そうと、良くなろうと頑張っています。
家族の話だけに、いろんな矛盾点が生じてきて、なかなか難しいけど頑張ろう。


生まれ変わるピッチング―勝つための野球術 MLBを含む有名投手の分析から投げ方、トレーニング方法、稲尾さんが語るピッチング、スポーツバイオメカニズムから学ぶピッチング、150キロ投げるためのトレーニング、食生活改善などとても興味深い内容ばかりです。
☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!