5時まで大魔神かんくんのサクサク動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.家政婦は見た
2.影木栄貴
3.高岡早紀
4.ナースのお仕事
5.ニューデリー
6.ズームイン!!SUPER
7.近畿日本ツーリスト
8.フェイス・ヒル
9.田中麗奈
10.みかんの花咲く丘

i-mobile
刑事魂 ~ TV刑事ドラマソング・べスト このアルバムの中で、意外に「あぁ、なかなか歌唱力あるんだなぁ」と個人的に感じたのが、『刑事くん』の主題歌「コンクリート・ジャングル / 桜木健一」でした。確か、脇役の刑事として、まだブレークする前の三浦友和さんがでてました。
アフター Gary Burton(プロデュース)、小曽根真(作曲/p)、Bill Pierce(Ss), Eddie Gomez(b), Tommy Campbell(ds)

若い頃から音に気高さがあり、でもそれを奢らず自然でしなやかな演奏をみせてくれるのがフレッシュな小曽根氏の魅力です。その音楽は非常に清々しく、音が輝いて吹いてくるようです。ジャズの“美しさ”をみるようでした。
この2ndにもそれは溢れています。序曲は前作の「クリスタル・ラヴ」にも負けない流麗なキラーチューンです。といっても主旋律にはソプラノ・サックスが大胆にフィーチャーされ、吹き抜けるのは当にブラジル音楽の風。潮の薫りも運びながら、メロディは陽光を燦々と浴びてぴかぴか光るようです。一方サックスが光ならピアノは海でしょうか。小曽根氏のソロプレーは光を乱反射し跳ねる水のようにみずみずしく、また魚のように軽やかに泳いでゆきます。他方ドラムとベースは大地に踊るグルーヴとなり、カルテットは四元素が混然一体となったフィエスタのように高揚します。

一方で静謐なのは3「After」。過ぎゆく夏のように静かで、秋の透明さが近づいてくるよう。演奏も、さざ波に黄金色の光がきらきらと輝くようなタッチです。また6「Waltz for Ronko」はベースとピアノのデュオで、これは少しのアンニュイをブレンドしたセンチメンタル。

4「Merry go round」は落ち着きの中にも知的なアドリヴが躍動し、3拍子が無限に広がってゆくような様が、非常に刺激的でした。そして最も複雑な構成で、内なる興奮を駆り立てられるのは5「Kato's Revenge」。この静かな増幅感がたまりません。中盤、周りに存分に演奏させながら、少ない音で全体の空間を作る様や、自身が前へ出るときのアグレッシヴさなど、小曽根氏の縦横無尽のプレーは聴き所でした。

カーズ カーズ おしゃべりあいうえお カーズが大好きで、なおかつこれからひらがなを教えたいお子さんにぴったりのオモチャだと思います。3歳になる息子も、毎日夢中で遊んでいます。
ただ、マックイーンの目が、最初からプリントされたものではなく、備え付けのシールというのが唯一気になります…

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!