伝説の料理人ゆきくんの直撃動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.花村大介
2.海原やすよともこ
3.着信アリ
4.君が代
5.レオ・ブローウェル
6.ウミショー
7.Maeda Dog
8.鈴木まりや
9.バルダーズ・ゲート
10.ボクたちのドラマシリーズ

i-mobile
ワイルド・エンジェル [DVD] ロジャー・コーマン最大のヒット作。
「イージー・ライダー」と同じ目線で見ると、肩透かしを食らうかもしれません。

この映画の見所は、ピーター・フォンダとヘルズエンジェルズ達だと思います。
「イージー・ライダー」のように、バイクで旅をするロード・ムービーではなく、
ヘルズエンジェルズたちの生き様や、当時のアメリカという国を批判する若者の苦悩、
などが描かれているので、あちらより雰囲気が重いです。

それでも、ピーター・フォンダや音楽が非常にカッコよく、ラストの悲壮感がなんともいえない、バイカー映画の秀作だと思います。

乱暴者(あばれもの) [DVD] バイクの暴走族の映画で、かのマーロン・ブランド主演です。
マーロンの暴走族としてのいでたちがあまりにもカッコイイ、ということで、有名になったみたいです。
私としては、マーロンの大ファンだけれども、彼の魅力は中身と切り離せないので、
この、屈折した暴走族の役は、うーん、魅力的かどうか、は、難しいところでした。

とにかく、現在この映画を見て感じたのは、実際におこった暴走族によるアメリカの田舎町の事件を基にしている物語である、ということですけれども、
こんなに昔から、バイクを乗り回して興奮している若者がいて、今もなお、いるんだ・・・という、なんか、ちょっと、麻薬みたいな魅力があるのかなー、ということと、
この暴走族たちは、どこからお金が出てくるのだろう?結局、泥棒とか、してるのかなー、ということ。
また、アメリカは、暴走族は、そりゃ褒められたものではないけれど、それを押さえようとする大人たちもまた、お粗末で、
また、この映画に出てくるヒロインの女性も矛盾を抱えているし、典型的アメリカの市民はみんな、生きていくために権力に縛られて生きてるんだなー、ということが、
また、この映画でもわかっちゃうなー、というところでした。

こんな現実があるんだ、ということを映画で知らせてくれた、ということでは、さすが、社会派のプロデューサー、スタンリー・クレイマー、と、思います。

この映画について、マーロンは年取ってから、あれは役であって、自分は断じてあんな風ではない、といいました。
でもまあ、一世を風靡してしまうところに、彼の容姿と存在のインパクトのすごさがあったなー、とは思います。

この映画の中で、一番私がぐっと来たのは、町の人にリンチされて命からがら逃げてきた主人公が、横倒しになっていた自分のバイクを起こして逃げようとするときの、
なんていうか、あー・・・という表情です。自分は、一体なにやってんだろう・・・みたいな。
みんな、理屈やメンツを述べる場面の多い、この映画で、一番、真実味がありました。さすが、マーロン、の顔の演技だと思いました。
リー・マービンが憎めない暴走族の役をしていました。

Imagine: John Lennon [VHS] [Import] ジョンとヨーコが初めてであった時のエピソードは、何年経っても忘れることができないぐらい純粋なもの。
そもそもこの映画で知ることができました。
時々、思い出しては何か嬉しい気持ちになります。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!