i-mobile
間違いだらけのスーザンき~くんのおすすめ研究所

  • LiveWithMe
  • 更年期障害とホルモン補充療法
  • アサヒスーパードライ(1989):落合信彦 5【石油コンビナート】(1989)15
  • Survivor: Heroes vs Villains - Coach
  • 東京タクシードライバー
  • 開春好運迎福虎過年精采好節目不打烊! 讓你好運滾滾來!
  • ふしぎの国のアリス(2010)映画予告編 [Alice In Wonderland (2010) Trailer]
  • ゲゲゲの鬼太郎 「雪女! 美しき復讐鬼」b
  • とんぼ 検問
  • ここを友達に教える
    おすすめベスト10!
    1.矢井田瞳
    2.山崎真実
    3.ゴッド
    4.アクティオ
    5.Every Little Thing
    6.カラカス
    7.Faith No More
    8.エキサイト着メロ
    9.ビックリマン
    10.蒼井そら

    i-mobile
    ストリップド と言う言葉で始めるのは言い過ぎだろうか?だが、実際に初めてこのアルバムを耳にした時、近年の彼等のアルバムをストーンズの新譜だから心して聞かねばいけないと言う感覚に近い雰囲気で聞いていたのでは、と思えるほど本作に純粋に心地良い響きを感じていた。
    アルバムは特に実況盤は頭が肝心なんだ!と主張するように「ファイティング・マン」のイントロは魅力的だ。勿論ミックスの妙技がものを言っているのだろう。
    また,いつもワンパターンに聞こえる彼等のイントロもアコギでやると不思議に気にならない。本来彼等の志向するサウンドがアコ系にあるからなのかもしれないと思えるほどだ。勿論,ここでは「ジャックフラッシュ」や「サティスファクション」は似合わなくて,ふさわしい曲を選択しているのだろうが,その選択が的を得ている事が彼等の成功してきた鍵なのだと思う。
    彼等が本当にやりたいのは,もしかしたらアコギのブルースなのかもしれない。アコギのブルースを自分達のアイテムで再現する。勿論少しカントリーフレーバーを混合してだ。そんな企画書があったんじゃないだろうか?
    大型スタジアムでのライヴと比較しても,本人達のやる気がかなり感じられるアルバムである。
    こう言う音と熱気を次作のスタジオ盤で作ってほしいものである。

    直島 瀬戸内アートの楽園 (とんぼの本) 今月、直島を訪れました。この本では直島の観光ポイントがほぼ網羅されています。現地では直島の関連本が、この本を含めて多数売られていますが、それらのようなアート本の気取りがなく、コンパクトにまとまっていて、アルバム代わりにも役立ちます。現地では屋内のが撮影禁止で、絵はがき等も十分に売られていません。

    また、コンパクトなので、ガイドブックとして事前に買って旅行に携えれば、チェックポイントを見逃すこともないでしょう。地方別のガイドマップでは、直島はさほど扱われていないので重宝します。アート本と違い、ゴタクや煽りが多くないので、実際行ってみたら大したことがなかった、ということもあまり起きないでしょう。

    私はこの本に目を通さずに訪れたのですが、他の本から得た印象と実際に訪れた感想と照らして見ると、地中美術館は展示物が予想以上(写真では魅力が伝わりにくい)、安藤建築、ベネッセハウスと屋外作品は、まあこんなもの、家プロジェクトはちょっとガッカリ、といったところでした。地中美術館の展示作品については、この本でも魅力を伝えられていませんが、それを除けば適当だと思います。

    実用的でリーズナブルなガイドブックなうえ、現地にもこれ以上のものはないので、この本を使い尽くしてしまうことをお薦めします。

    for 30's Generation ~カラオケで熱い!アニメソング~ ロマンティックあげるよを選曲してくるとこがにくいね。
    いい曲ばかりです。男女とも楽しめる

    ☆人気サイトランキング☆

    i-mobile
    
    [ニュース|着メロ|SNS]
    [動画|ゲーム|ヤフオク]
    [便利|辞書|交通]
    [ランキング|天気|メル友]
    [住まい|マネー|ギャンブル]
    メル友募集掲示板☆
    ケータイランキング!